整体とは

整体とは主に施術者の手足の力や補助的には道具を使って
体全体の骨格や関節の歪みやズレを矯正し、
それらの骨に付いている骨格筋のバランスを調整するなどして元の歪みのない体に戻すことで、
体質改善や健康増進などをはかる民間健康法です。
私が通っている自由が丘の整体院で話しを聞きました。

 

整体はわが国で生まれた独自の身体調整技法で、
整体術や整体法また整体療法などとも呼ばれています。

 

医療制度上では補完代替医療と呼ばれる
医療の足りない所を補ったり代替したりする医療ですが、
法律上はあくまでも「法に基づかない医業類似行為」とされています。

 

整体とひと口に言っても多種多様な進歩をとげてきたこと、
また国家資格を取得する必要がないことなどから、
現在はさまざまな種類な流派が存在しています。

 

そのことで、施術名が同じでも施術内容には違いがあるのが現実です。

 

ここに、近年支持されているいくつかの整体法を紹介しておきましょう。

 

まず、大正時代にアメリカから伝わった「オステオパシー」や「カイロプラクティック」です。
また、元々は脳性麻痺・脳血管障害患者のリハビリ療法として始まった整体法で、
現在、スポーツ選手のパフォーマンス向上などにも導入されている
「PNFストレッチ整体」もあります。

 

わが国生まれの整体法では、
わが国の整体の始まりとされる野口整体・姿勢保健均整法・操体法・接骨です。

 

この接骨とはわが国の柔術や古武道の中で培われてきた手技療法で、
捻挫・骨折・脱臼・肉離れなどの処置を行うものです。

 

なお、マッサージなどのほぐしの手技にストレッチやカイロプラティックなどをミックスしている中国整体、
ここ10年くらいで普及してきたストレッチングを多く取り込んでいるタイ古式マッサージも支持を得ています。"

整体の起源

「整体」という言葉自体はわが国で生まれたものですが、
整体の手技そのものの起源については次のようなさまざまな説があります。

 

1つ目は、今から約2000年前の中国の古典按摩である
「椎拿(すいな)」が起源とするものです。
椎拿がわが国に伝わると、すでに存在した柔術や
古武道中で培われてきた捻挫・骨折・脱臼・肉離れなどの手技療法と融合しました。

 

2つ目は、1874年にアメリカ人の医師であるアンドリュー・テイラー・スティルによって発表された
「オステオパシー」と呼ばれる自然医学を起源とするものです。

 

自然治癒力を高めていくことを目的としたオステオパシーの医療哲学は
当時のわが国の手技療法に大きな影響を与えました。

 

3つ目は、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって発表された
「カイロプラクティック」を起源とするものです。
カイロプラクティックとは背骨の構造や機能の異常を正すことで自然治癒力を高め、
神経や筋肉などの働きを正常にする手技療法です。

 

4つ目は、昭和初期にわが国の野口晴哉が
古来伝わってきた柔術や骨法に中国伝来の手技療法、
オステオパシーやカイロプラクティックなどアメリカ伝来の手技療法に独自の工夫を加えて
療法を確立したことを起源とするものです。
(当時は正體・正体・正胎などと呼ばれていた手技療法を総称して「整体」と命名したのも野口です)

 

一般的には1つ目の「椎拿」を「整体」の起源とする説が支持されているようですが、
整体と命名した4つ目を整体の起源として支持する人も多いようです。