整体師の資格

整体を施術する人のことを「整体師」と言いますが、
整体師になるためには国家資格を取得する必要はありません。

 

また整体院を開院する上でも国家資格の必要がないことから、
表現がいささか極端になりますが、
だれでもが今日から整体師を名乗ったり整体院を開業したりすることができます。

 

しかし「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師」については
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律に基づいて
「あん摩マッサージ指圧師国家資格、鍼灸師国家資格」が、
また「柔道整復師」については柔道整復師法に基づいて
「柔道整復師国家資格」を取得する必要があります。

 

整体師には国家資格は不要ですが、現実問題として、
整体の知識や技術のない整体院へ治療に出掛けたり
整体師の施術を受けたりする人などいるはずがありません。

 

こうした問題を解決するために行われているのが、整体師の「民間資格」です。
この整体師の民間資格は整体学校や通信教育で取得できるもので、
運動学・解剖生理学の基礎やそれに基づく
整体の手技を学ぶカリキュラムを修了すれば修了証として付与されます。

 

この修了証を掲示することによって、
この人物が整体に関する知識と技能を身につけていることを患者に証明するとともにアピールできるのです。

 

整体師の民間資格は特定の団体や学校が独自に認定している資格であり
「整体業界全体」として認めた資格ではないことから、
民間資格は役立たないという見解を示す人もいます。

 

しかし民間資格とはいえ資格を得ていることで
整体師が一定の知識や技術を身につけていることを判断できますので、
患者にはある程度の信頼を得られると言えるでしょう。